FKD(福田屋)トラベラーズクラブは、トチギ旅行開発運営の旅行サービスカウンター。国内旅行・海外旅行・個人旅行から団体旅行まで目的に合った旅行サービスをご提案。

旅のコンシェルジュレポート

ANA誘遊四国研修旅行に参加してきました!1日目徳島編です!(2011年11月)

1泊2日四国研修旅行参加レポート 
今回は、インターパークスタッフK&今泉店スタッフKのダブルKでANAスカイホリデー主催四国研修に参加してきました。 
研修ツアー行程表 
徳島までは、羽田空港から約1時間15分で到着です。
徳島は、鉄道があまりないため、移動方法はやはりレンタカーか、バスの駅徳島トクトクターミナルからのバスをご利用いただくことをお勧めします。 
 
 
徳島観光ハイライト 
阿波踊りイメージ▲阿波踊りイメージ眉山の夜景▲眉山の夜景徳島と言えば言うまでもなく阿波踊りが有名!毎年8/12〜8/15に開催されます(前夜祭8/11)。この期間ならいつでも阿波踊りが見られて踊れます。祭り期間中、車は完全にシャットアウトされ盛大に執り行われますが、人口27万人の徳島市に阿波踊り目当てのお客様が毎年140万人訪れるとのこと! 
祭り期間以外は、市内にある阿波踊り会館で選抜阿波踊り(市民で選りすぐりの踊り手さん)が鑑賞出来ます。 
 
そして、徳島で有名なのは、『眉山』、さだまさしの小説で、何度も映画やドラマ化されています。近年では、松嶋菜々子主演で映画化され・・泣けました・・・。阿波踊りのシーンもありますし、徳島へ行かれる前に是非ご鑑賞下さい。眉山までは空港から約15分です。ロープウェイで行けますし、夜景がとてもきれい!お勧めです! 
 
 
阿波木偶人形会館 
徳島空港から車で20分ほどの距離!人間国宝に指定されている多田健二氏による、木偶人形の歴史や制作過程についての解説が聞けます。ユーモアに富んだお話に加え、実際に人形を作る際に使用している道具等も拝見できます。木偶人形の仕掛けが、現代で日本の最新ロボット『アシモくん』のプログラムの大元になっているなど、日本人の受け継いできた歴史文化が現代にも多大な影響を与えていることを改めて教えていただきました。 
梯子を登る人形や表情の変わる人形など、沢山の人形が展示されていました酒呑童子人形▲酒呑童子人形が、特に大人2人分くらいの大きさの酒呑童子人形の動く様子は、一見の価値ありです!小さいお子様にも喜んでもらえるかもしれません(泣いちゃうかもしれませんが・・・) 
開館を出るとすぐに実際に人形劇を鑑賞できる施設があります。こちらの人形劇も是非ご覧ください。 
 
 
 
 
 
 
鳴門 観潮船わんだーなると 
うずしお▲うずしお海上遊歩道 渦の道▲海上遊歩道 渦の道徳島のメイン観光『渦潮』! ばっちり見てきました!
渦潮の出る時間は、旅行の行程を考える際、前もって調べておくことを強くお勧めします!時間がずれるとほとんど見られないようです。実際予想表で△マークの時間はほとんど渦が出てませんでした。 鳴門観光汽船ホームページ
観潮船の実際の乗船時間は約30分。 
渦の出現する場所まで5〜10分ほどかけていき、観測しながら迂回して戻っときます。至近距離でみられるので特にお天気の良い日は、観潮船がおすすめです。 ちなみに、満月や新月の日は特に大きな『なると』を見ることができます。行程を組む際の参考にしてください。 
 
海上遊歩道『渦の道』は、もともと新幹線の補助橋だったのですが、計画が頓挫したことで、かわりに観光客の方々に鳴門を上から歩いて見ていけるように橋を改造して出来上がりました。強化ガラスの上に立ち渦を真上から見下ろすことができます。観潮船が天候不良で欠航した際には、こちらから渦潮を楽しめます。船とはまた違った楽しみ方ができますので是非両方楽しんでみて下さい。 
 
 
 
 
藍の館 
天皇陛下も藍染をなさった事で有名な場所。実際に藍染体験もできます。
真っ黒に染めた布が水をかけた瞬間に、さっときれいな藍色になる瞬間は「おお・・・」と歓声が上がりました。感動します!ちなみに藍染は身に着けることで肌のアレルギーにも効用があるそうです。藍染のTシャツやお財布、小物なども販売されいてます。 
 
うだつの町並み 
うだつの説明▲うだつの説明江戸中期から明治初期の『うだつの上がる家』(うだつ=火災の時の延焼を防ぐための防護壁のこと)の立ち並ぶ旧家の町並みです。
実際に現地にお住いのかたにガイドをして頂けるのですが、思いのほか広かった!じっくりフルで見学するのであれば2時間弱はかかるそうです。今回は、残念ながらショートカット40分の見学でしたが、いろいろな所に火事を避ける願掛けや、まじないの為に渦の紋をあしらっているなど、当時ならではの知恵を感じました。うだつの町並みは、岐阜県の美濃市も有名ですが、徳島もなかなか見ごたえがあります。徳島の歴史を感じて頂けると思います。 
 
私自身、なんと!四国にはじめて足を踏み入れました。たった2日間でしたが、海なし県の栃木で生まれ育ったKとしては、四方を海で囲まれている四国の景色に大感動でした!そして関東とは違った歴史の流れ、文化の違いを強く感じました、今度は平清盛を追って、中国四国を周遊したいな!と思っています。少し長いお休みがほしいな・・・・。
 
徳島編は以上です。インターパークKのレポートでした!有難うございました。 
 
 
   〜〜〜宇都宮店Kの小豆島レポートに続きます〜〜〜    

フォトギャラリー

  • ▲海上遊歩道 渦の道
  • ▲うずしお
  • ▲うだつの説明
  • ▲酒呑童子人形
  • ▲阿波踊りイメージ
  • ▲眉山の夜景
  • トチギ旅行開発からのお知らせ一覧へ戻る
  • 前の記事を見る
  • 次の記事を見る
Copyright(c)2009 Tochigi-Ryoko-Kaihatsu.co.,ltd all rights reserved.